WWWから 
 このサイトから

*.
blog:ナルニア国物語News


*.掲示板「ナルニアンズ」

(パスワードは「aslan」)


*.同盟ナルニアンズ


1.ストーリー・オブ・ナルニア年代記


2.ナルニア、クリスチャン情報!


3.ナルニアは、C・S・ルイス
が書きました。



4.全ナルニアリンク集


5.プレビュー「ライオンと魔女」


6.掲示板バックナンバー 閲覧所


7.ナルニアへの文語録


8.ナルニアまでの道のり


9.BBCドラマ版ナルニア国物語


10.映画「ライオンと魔女」
感想集



11.ナルニア・イベントレポ


12.ナルニア国物語
YouTube映像集



13.アニメ版
「ナルニア国物語」紹介



14.ナルニア国物語 絵画


15.「ナルニア国物語」完全年表


16.ナルニアとイースター


17.「2ちゃんねる」
ナルニア関連集メニュー



「第2章:カスピアン王子の角笛」


「第1章:ライオンと魔女」
 映画 情報集↓↓

CD&DVD

関連商品

Web&TV・ラジオ

制作&イベント

コンクール&プレゼント

興行収入(ランキング)&受賞

その他

試写会&招待券

キャスト&スタッフ 一覧表


3.ナルニアは、C・S・ルイスが書きました。




激動の1900年代を生きたC.S.ルイスとともに、トールキン、ディズニーと、
同じ時代に活躍した偉人たちを紹介。
また、当サイトの「四つの宇宙戦争」ともコラボレーション。

なぜナルニアが生まれたのか、この時代をみるとわかる気がする。
ミッキーもホビットも・・・。

1929年の第三学期、私はついに降伏し、
神が神であることを認め、ひざまずいて祈った。

その時の私は恐らくイギリスじゅうでもっとも意気あがらぬ、
不承不承の回心者であったろう。

そのときのわたしはいま顧みて、もっとも輝かしい、
明白なことに思い及ばなかった。

すなわちそのような条件で回心者を受けいれようとしてくださっている
神の謙遜に気づかなかった。
(引用:「不意なる歓び」)



1892年1月3日:J.R.Rトールキン、南アフリカ共和国で生まれる。


1898年11月29日に、クライヴ・ステープルズ・ルイス(Clive Staples Lewis)、生まれる。彼と兄のウォーレンは、親指の関節が一つしかない障害をもつ。


1898年:「宇宙戦争」を、SFの父、H・G・ウェルズによって書かれ、英米同時発表される。
宇宙戦争とルイスは同い年!


1901年12月25日:ウォルト・ディズニー誕生
1902年6月8日:ディズニー、シカゴの教会で洗礼を受ける


4歳のとき、突然母にジャックシーと呼ぶように要求し、間もなくそれがジャックに縮められる。


7歳のとき、屋根裏部屋の一室を貰って彼の仕事部屋にし、初めて動物の国の物語という物語を書く。


10歳のとき、が癌で亡くなる。その後、寄宿学校ウィニヤード校に入れられ、不幸せな少年時代を過ごす。



12歳のとき、キャンベル校の寄宿生となり、幸福な学校生活を送る。が、一学期の途中で病気になって家に帰される。


13歳のとき、シャルトル予備学校に入学し、勉強をはじめるとともに友達もできる。そして、キリスト教の信仰を棄てる。


15歳のとき、モルヴァーン・カレッジ古典のクラスに特待生として入学するが、父に退学させてほしいとたのむ。アイルランドの伝説的な英雄の話のロキの捕縛を書く。


16歳のとき、モルヴァーン・カレッジを退学。 そうして、1914年7月28日 第一次世界大戦勃発!


18歳
のとき、オクスフォード大学の奨学生資格試験合格するが、学位取得予備試験を落第。兵役につき、士官候補生大隊に召集されサマーセット軽歩兵隊少尉に任命され、フランス前線におもむく。


19歳のとき、送還兵として故国に送り帰されて、その後戦友の母親ジャニー・ムアー夫人を愛し、戦友が死
んだ後に夫人と付き合う。1918年11月11日第一次世界大戦終結。除隊し、オクスフォード大学に帰る。


23歳のとき、オクスフォード大学で1年修学を延長。が亡くなる。


27歳のとき、ユニヴァシティ・カレッジの非常勤講師をした後、オクスフォード大学の英文科の講師になる。また、オクスフォード大学の謙遜なカトリック教徒、J.R.R.トールキン教授と知り合う。


28歳のときトールキンたちと、後のインクリングスになる「コールバイターズ」を結成する。

1928年11月28:ディズニー、初のトーキーアニメ「蒸気船ウィリー」初公開。
ミッキーマウスの誕生。

31歳のとき、正統的なキリスト教を信じるようになる。


1936年38歳のとき、作家として活動を開始。


1937年12月21:ディズニーの「白雪姫」が劇場公開され、大ヒット。


1936年 愛とアレゴリー ※ホーソンデン賞受賞
(The Allegory of Love,A Study in the Medieval Tradition)
1938年 マラカンドラ -沈黙の惑星より/別世界物語三部作シリーズ第一巻
(Out of the Silent Planet-Malacandra)


1938年:ラジオドラマ「宇宙戦争」をCBS放送局がニュース番組風に放送。
視聴者が実際に襲われていると勘違いし、避難するほど、リアリティーの高い作品。

1938年:トールキン、「ホビットの冒険」を出版。


1939年40歳のとき、第二次世界大戦、勃発。


1940年 痛みの問題
(The Problem of Pain)


1941年42歳のとき、BBC放送の依頼を受け、キリスト教に関するラジオ講話のシリーズを開始。この講話は3年にわたり計25回行われることに。戦時中の英国民に希望を与える。


1942年 悪魔の手紙
(The Screwtape Letters)


1945年46歳のとき、第二次世界大戦、終結。


1943年 ペレランドラ -金星への旅/別世界物語三部作シリーズ第二巻
(Voyage to Venus-Perelandra)
1945年 サルカンドラ -かの忌わしき砦/別世界物語三部作シリーズ第三巻
(That Hideous Strength-Thulcandra)


1945年 天国と地獄の離婚
(The Great Divorce,A Dream)


1950年51歳のとき、「ナルニア国ものがたり」(The Chronicles of Narnia)シリーズ全7巻を執筆しはじめる。


1950年 第一巻 ライオンと魔女
(The Lion,the Witch and the Wardrobe)
1951年 第二巻 カスピアン王子のつのぶえ
(Prince Caspian)
1952年 第三巻 朝びらき丸、東の海へ
(The Voyage of the 'Dawn Treader')
1953年 第四巻 銀のいす
(The Silver Chair)
1954年 第五巻 馬と少年
(The Horse and His Boy)
1955年 第六巻 魔術師のおい
(The Magician's Nephew)
1956年 第七巻 最後の戦い ※カーネギー賞受賞
(The Last Battle)


 1953年映画「宇宙戦争」公開。淡々と人類が襲われるさまを描かれる。
火星人の乗り物が、UFOに変更。以後多くのSFが真似する。


1954年7月29日:トールキン、「旅の仲間」を出版。11月11日「二つの塔」を出版。
翌年10月20日「王の帰還」を出版。
ナルニアと同時期に、指輪物語が登場!


1955年7月17日:ディズニー、南カリフォルニアに、ディズニーランド開園


1955年 自叙伝 喜びのおとずれ
(Surprised by Joy, The Shape of My Early Life)
1956年 愛はあまりに若く
(Till We Have Faces, A Myth Retold)


1957年3月21日59歳に、ユダヤ系アメリカンのヘレン・ジョイ・デヴィッドマン・グレシャムと結婚。彼女は骨癌に冒されていて、結婚式は病院で執り行われた。ナルニアをかきはじめるあたりから、トールキンとの友情がこじれてきたが、離婚暦もあるヘレンとの結婚により完全に彼らは決別した。ヘレンは、ルイスの感化を受けてキリスト教徒になる。


61歳のとき、ヘレンが亡くなる。ルイスは、彼女と3年間の幸福な結婚生活を送る事ができた。


1960年 四つの愛
(The Four Loves)
1960年 語の研究
(Studies in Words)
1961年 悲しみをみつめて
(A Grief Observed)
1961年 新しい文芸批評の方法
(An Experiment in Criticism)


1963年11月22日 享年64歳  C.S.ルイス、心臓病の発作のため、亡くなる。


1966年12月15日:享年65歳 ウォルト・ディズニー 急性循環器不全にて死去。


1973年:享年81歳 J.R.R.トールキン、死去。



参考図書  喜びのおとずれ―C.S.ルイス自叙伝―  早乙女忠・中村邦生 訳  冨山房




C.S.ルイスを知るには・・・





喜びのおとずれ
(C.S.ルイス自叙伝前・ルイスの少年時代・信仰との出会い)
ルイス自身がかいた唯一の自叙伝です。


 

永遠の愛に生きて
(C.S.ルイス自叙伝後・ルイスの往年時代・ヘレンとの恋
物語)
近年ハリウッッドで映画化された物語です。








当ホームページは、Tod&PIg個人の趣味的なものであり、
『ナルニア国物語』シリーズの作者・出版社その他の関係企業・団体その一切と関係ありません。
『ナルニア国物語』シリーズの著作権は、C.S.LEWIS、Harper Collins、岩波書店、Disney等、それぞれの権利者に帰属いたします。
当サイトは、著作権の侵害を目的とするサイトではありません。


inserted by FC2 system